新卒3年目で転職者が多い理由

高校や大学に通って知識やスキルを身につけて晴れて社会人として働くようになり、初めのうちは仕事に一生懸命打ち込んでいてもしばらくするとこの仕事が自分の天職なのかどうか考えるようになる人は多くいます。

このままでは会社の中で自分が成長することができないということや自分の実力を試すことができるところは他にもあると気付くようになるのが新卒3年目頃と言われていますが、行動力がある人はこのタイミングで転職を図ります。

言い換えれば高校や大学を卒業した後というのは社会人経験が当然ながら無いわけなので、その状態から就職活動をすることになると思い描いていた仕事の像と実際の仕事には大きな隔たりがあることも少なくないのが実際です。

新卒3年目にして社会人経験も多少経験して客観的な自分を知ることができるようになる頃ですが、この段階であれば転職しても新たなライフスタイルを形成することは十分に可能です。

これまで入社してから共に働いてきた同僚が3年目あたりから辞めるようになるのに刺激を受けて自分もその流れに乗ろうと思い転職を図る人も中にはいます。

明確なビジョンがないと闇雲な転職は失敗するだけなので自分に合う仕事というのが見えてない場合は勢いで転職するのはデメリット要素になります。

また、新卒3年目での転職だと第二新卒枠での転職活動をすることができるというのも3年目の転職が多い理由の一つになっていますが、社会人としての経歴が少ないことからアピールするポイントはポテンシャルややる気などが中心になり、就職活動をする場合の流れと似ている部分があります。

第二新卒枠での転職活動で仕事が決まった後はできるだけ将来的なことを考えて転職をしない方がよいので、失敗しない仕事選びをすることがポイントになってきます。

そのためにも転職エージェントなどを利用して専門家の支援を受けることもおすすめで、これによって自分にあっている仕事を紹介してもらうことができます。

標準

引っ越しと出産

引っ越しをすることになったのは、妻が子供は田舎で産みたいと言った一言が原因でした。その意見に僕も賛同できましたし、僕の仕事は自宅で出来る仕事なので問題はありません。ただ、引っ越しのタイミングが問題でした。妻のお腹が安定期に入ったら引っ越しをする予定だったのですが、その月はたまたま入金が少し遅れていました。引っ越業者に頼むお金もなく、困り果てた僕は妻に相談することにしました。このままだとお腹の子に障るかもしれないから、お金を借りて引っ越しをしようと言うと、怪訝な態度をしましたが、納得してくれました。その日の内に近くにあったプロミスの自動契約機から申し込みをして、引っ越しに必要な分のお金を借り入れて、翌日には引っ越し業者に代金を支払い、引っ越しすることができました。安定期の内に引っ越しすることができて、本当に良かったと思っています。引っ越しが無事子供も出産することができて、プロミスには本当に感謝しています。機械系エンジニアが選ぶ転職方法【自己PRに自信がない方専用】

標準

トイレ掃除のたびに私が思うこと

私はトイレ掃除をするときにいつも思うことがあります。それは和式トイレだったら掃除がラクなのになということです。もちろん我が家は洋式トイレでおまけにウォシュレットなので、とにかくトイレ掃除がやりにくいのです。隅々まできれいにしようと思うと、一旦ウォシュレットをバラさなければならず、いつも面倒だなと思いながら掃除をしています。
もしこれが和式トイレだったら便座をバラす手間もなく、おまけに便器にはふたもなく全てフラットなのでサッと掃除が出来るため、トイレ掃除のときだけは和式が良いと思ってしまう私です。
とはいえ普段はやはりしゃがんでトイレをするよりは便座に座るほうがラクだし、洋式トイレに慣れているため、実際に和式トイレになってしまったら、今度は慣れるまでに時間がかかりそうです。
ただ以前何かの番組できいたことがあるのですが、日本人の身体の構造には和式トイレの方が向いているらしく、洋式トイレは西洋人向けなのだそうです。
それならやっぱり和式トイレでもいいかもしれませんね。第2新卒 25歳 転職

標準

新卒の転職するタイミングはいつがいい?

新卒として入って仕事をしている場合に数年程度働いていると自分に合っている仕事かどうかということが自ずとわかってきますが、学校を卒業して入った仕事がそのまま自分にとっての天職だと思えるのであればそれ以上ない話しです。

現実は希望を膨らませて会社に入ったのに思うようにならないことが多く、会社での可能性を知った後は働くモチベーションが下がって離職することや転職することを考えるようになる人が多くいます。

仕事を変えようとする場合に新卒の転職するタイミングはいつがいいのか考える部分になりますが、第二新卒枠を狙うことができる社会人経験3年目あたりが転機としては好機になります。

このタイミングであれば過去の職歴はあまり転職に反映されず、新卒に近い形で雇ってくれるところも多いので就職活動をした時と同じくらいの内定率が期待できますが、それを過ぎてくると転職に影響が出てくるようになるのでタイミングをしっかり考えることが大切です。

また、未経験の業界に転身したいと考えている場合は社会人経験ができるだけ浅い方が良いとされており、一つの企業に長いこと属しているとその会社のカラーが仕事に出てくるようになるので、応用が利かないなどのデメリット要素が大きくなるので注意が必要です。

同業でキャリアアップ転職を図ることを目的としている場合は経験5年程度がスタンダードだとされており、未経験の分野からの転身と違って過去の経歴がそのまま仕事に活かされるので経験値が高いほど優遇される傾向にあります。

このように新卒の転職のタイミングもやりたい仕事や過去の経歴などによって変わってくるという点について気をつける必要がありますが、自分に適している仕事がなかなか見えてこない場合は転職エージェントの力を借りる方法もあります。

転職回数が増えてくると新たに仕事を変えることのリスクが高くなるということも認識した上での行動が転職をする場合には必要になります。

標準

新卒の3年以内の転職は難しいの?

高校や大学で将来の夢を描きながら勉学に励んで、学校を無事に卒業して仕事が決まり社会人生活を謳歌しようと思い社会人生活が実際に始まると、これまで描いていた自分の社会人像と実際が大きく異なることもあります。

特にアルバイトやパートなどの経験がなく、いきなり社会人経験をする場合は仕事をすることの大変さや自分が思ったような仕事をすることができないなど色々な壁が目の前に立ちはだかるようになります。

課題を一つずつクリアしていくことによって確かに自己のスキルの向上には繋がりますが、将来性がないと感じる場合は離職をして新しい仕事を探して転職するというのも選択肢としてあります。

社会人経験をして3年あたりから転職を考えるようになる人が多いので、新卒3年目が転機になることが多くなっていますが、新卒3年以内の転職は難しいかどうかというのがこれから転職をしようと考えている人にとって気になる部分だと思います。

新卒3年以内の転職は難しいことはなく、このタイミングで転職をして成功する人も実際には多くいるので特にやりたい仕事やビジョンが明確化している場合は行動を起こすタイミングとしてはベストです。

ただし、新卒3年以内での転職を考える場合は方向性がしっかりしてないと仕事を変えることが失敗になってしまう可能性もあるので、そうならないようにするためにも転職をすることが正しいことなのか判断する必要性があります。

転職することが難しいかどうかを判断する場合に主観が入ってしまうとどうしてもわからなくなってしまうので、新卒3年目以内でも利用することができる転職エージェントのサービスを利用してプロのコンサルティングに適性を判断してもらうこともできます。

また、新たに働きたいところが未経験の職種なのか、それともこれまでに経験したことのある職種の延長なのかということでも変わってくる部分があるのでやりたい仕事から柔軟に考える必要性もあります。

標準

新卒で働き始めて初の転職で生かせる資格は?

新卒で働き始めた場合にその仕事がやりがいを持ってすることができる仕事なら理想形ですが、やりがいを持って働くことができずに離職を考えるようになった場合は早めに転職の準備を進めていくことが大切です。

新卒から初めての転職をする場合にこれまでの仕事とは全く違った分野の仕事を考えている人もいます。

その場合はこれまでの職歴をあまりアピールポイントにして活かすことができないので在職中に資格を取得することも視野に入れてアピールポイントを作ることをおすすめします。

具体的に転職した後に働きたい仕事が決まっている場合はその職種に関連した資格の取得がおすすめで、介護の仕事に転身したいのであれば介護職員初任者研修の資格、デスクワークがしたいのであればパソコンに関連した資格、経理関係なら簿記などです。

また、仕事と直接的な関係がない場合でも普通自動車免許の取得は必須になっていることが多いので転職活動を始める前に取得することができるのであれば取得しておくことをおすすめします。

資格の中には時間をかけないと取得することが難しいのもあるので、在職中に取得することができない場合もありますが、人気の資格であれば離職した後にハローワークで利用することができる職業訓練制度を利用することによって関連した資格の取得ができるカリキュラムが用意されているので、これから資格取得を目指すことができます。

また、希望する転職先とはまったく関係のない分野の資格を取得している場合でも資格は取得していること自体に価値があることも多く、それだけ一つの目標をやり遂げることができるというアピールポイントにすることもできます。

資格をアピールする場合は履歴書にある資格欄に記入する方法になりますが、新卒から経験した仕事に対する職務経歴書を作成する場合に取得している資格が仕事にどのように活かすことができるのかということも組み込むことで転職の道は開けていきます。

標準

新卒で転職するときの志望動機はどうすればいい

新卒でしばらく働いた後に転職活動する場合は志望動機についても意識して仕事を探す必要があります。

志望動機を伝えるタイミングとしては職務経歴書と面接があり、職務経歴書についてはこれまでの職歴を書き記す書類になるので、本来なら志望動機を書く書類ではないのですが、職歴が御社の業務にどのように活かすことができるかということを組み込むことで志望動機に繋げることができます。

面接の場合は直接的に面接官と顔を合わせてのやりとりになるので緊張を伴ってのやりとりになる可能性があります。

志望動機を伝える場合に新卒からの転職だと前職は一社だけの事が多いのでどのような経緯で働きたいと思うようになったかと言うことをわかりやすく簡潔に伝えるのがポイントです。

学校を卒業して新卒で働いたものの、実際に仕事をしてみると合わなかったので仕事を変えたいというのが本音であっても、それをそのまま志望動機にするのは厳禁となります。

御社で具体的にしたい仕事があるなどの理由が面接官の心を掴みやすく、そこにこれまでの職歴を活かすことができると言った表現を付け加えることによってさらにプラスの要素が期待できます。

採用にはある程度の基準があらかじめ決められているものの、採用する側も同じ人なので感情が影響する部分があるので自分の気持ちをいかに伝えるかというのを意識することも大切です。

転職回数が増えてくると志望動機を考えるのもかなり苦戦するようになりますが、新卒からの初めての転職においては特に3年以内であれば第二新卒枠としての採用があるので離職の理由などはあまり重要視される部分にはならないです。

志望動機を上手に伝えることの自信がない場合は無料で利用することができる転職支援サービスがあるので、これを利用して転職のプロに相談することをおすすめします。

また、転職支援サービスを利用する場合は書類の書き方などについてのアドバイスも受けることができます。

標準